2010年07月14日

iPhoneで医療画像をみて遠隔診断

休日や夜間などに病院から離れた場所にいる医師が、携帯電話を使って、コンピューター断層撮影法(CT)などの医療画像を見ながら遠隔診断できるシステムが実用化された。治療方針の決定や機材の準備が迅速にでき、医師の呼び出しが減る利点もある。

http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100711-OYO8T00277.htm


具体的には、

病院内のコンピューターに保管されているCT、エックス線などの画像から、必要なものをパソコンで検索、送信用のコンピューターへ転送する。医師は米アップル社の携帯電話「iPhone(アイフォーン)」でこの画像を見て診断する。

ということ。

iphoneを持っている医師は、
増えていると思うし、
これからも増え続けるのだろう。


遠隔医療書籍
posted by もり at 07:07| Comment(0) | 遠隔医療+アイフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。