2010年10月13日

遠隔医療が仕分け対象に

佐久市が16、17の両日に行う「事業仕分け」で、国保浅間総合病院と遠隔地の集会場をISDN回線で結び、市の保健師が当日測定した血圧・体温の測定値や、本人の相談をテレビ電話で医師に伝える「遠隔医療推進事業」が仕分け対象事業となっている。
ということ。

http://www.kaigyoui.jp/news/2010/10/002709.html

それほどの成果が上がっていないということか。

回線がISDNというのも、
なぜだろうと思う。


このニュースの詳しい内容がまとめられた資料を見つけた。

http://www.city.saku.nagano.jp/cms/html/entry/3129/file38.pdf

余り成果の上がらなかった事例、
ということだと思う。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:50| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。