2010年10月22日

ディアイティ 病棟看護システムを無線LANで構築

ディアイティは10月20日、米メルー・ネットワークスの無線LAN製品を利用して、長野県松本市の社会医療法人 財団慈泉会相澤病院(以下、相澤病院)の病棟看護システムを構築したと発表した。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1010/21/news06.html


http://www.keyman.or.jp/3w/prd/34/20031934/

電子カルテになれば、
無線LANは普通に使われていることだろうと思うけど、
有線ネットワークと同等のスピードというところが、
すごいのだろうと思う。

確かに、
前の病院で使っていた、無線LANでつなげたパソコンの電子カルテは、
少し遅かった気がする。


まあ、
無線でつなぐノートパソコンはコアツーのCPUでが使われていて、
有線のデスクトップは確かペンティアム4だったので、
おそらくそれらの影響からか、
有線のパソコンのほうが格段に早いということは感じなかったけど。

看護師向け書籍

医療情報関連書籍



posted by もり at 05:59| Comment(0) | 電子カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: