2010年12月24日

新日鐵八幡記念病院 ネットで閲覧可能な電子カルテを稼動

新日鐵八幡記念病院は10月1日、電子カルテ地域連携システム「SMILE:Shin-nittetsu Medical Information Lane of Electrical System」を正式に開始した。IT技術を活用して、地域の診療所などのかかりつけ医との連携を進めようとする試みである。加盟した地域の診療所は、同院に紹介した患者の電子カルテに記載された情報を、ネットを通じて閲覧できる。今年の2月25日に試行的に稼働を開始し、このほど、本格的スタートにこぎ着けた。
という記事。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/casestudy/201012/517827.html

こういう取り組みが増えていくのだろうと思う。

ラベル:電子カルテ
posted by もり at 06:04| Comment(2) | 電子カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電子カルテがある病院はすばらしいと思われますが.そして、電子カルテがあるから、たくさんの資源の節約もできますし.いいところがいっぱいあります.
Posted by 電子カルテシステム at 2011年05月05日 22:16
コメントありがとうございます。
私は電子カルテを使用していた病院から、紙カルテの病院に転職したので、紙カルテのわずらわしさが特に気になりました。一度電子カルテに慣れてしまうと、紙には戻れませんね。
Posted by もり at 2011年05月06日 05:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: