2011年03月10日

「福島医療ケアサービス都市」プロジェクト

日本経団連は7日、交通やIT、医療、農業などの先端技術を集め、民主導の経済成長を目指す「未来都市モデルプロジェクト」の内容を発表した。福島県では、桧枝岐村で4月から情報通信技術を活用した「福島医療ケアサービス都市」プロジェクトを展開する。
ということ。

http://www.minyu-net.com/news/news/0308/news9.html

同プロジェクトのひとつとして、

村や村診療所、県、県立南会津病院や福島医大、NTTなどが主体となり、テレビ電話を利用した遠隔診療や健康相談、地域医療連携ネットワークによる患者情報の共有化、

が行われるのだそうだ。


各地で同様のプロジェクトが今後展開されるのかもしれないけど、
同じような取り組みにおいて、
統一しておくべき部分もあるのだろうなと思う。


posted by もり at 15:00| Comment(2) | 遠隔医療 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://qa0xjat.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月22日 06:04

電子カルテが普及に従って、医療画像、PACSも発展することになります。
目の前はみんな全部受けられませんが、これは社会の発展性です
Posted by 電子カルテシステム at 2011年10月13日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。