2011年06月27日

第15回日本医療情報学会春季学術大会が千葉・幕張で開催 東日本大震災で医療情報・ITはどうなったか?

第15回医療情報学会春期学術学会(テーマ:情報が医療の姿を変える〜共有と連携、統合と活用〜、主催:一般社団法人 日本医療情報学会)が、6月17日、18日の2日間にわたって、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。東日本大震災からわずか3か月後の開催ということもあって、特別企画「東日本大震災と医療情報」と題した震災関係の企画が実施された。
ということ。

【医療情報学会】東日本大震災で医療情報・ITはどうなったか?:東北大学病院:日経メディカル オンライン


震災時に、
サーバー室の空調がストップして、
医療情報システムがストップしたのだそうだ。

災害への対策として、

(1)サーバー室は免震構造にして空調・ネットワーク機器も含めて非常用電源を確保する、
(2)現地以外でデータのバックアップ先を確保する、
(3)端末に転倒・落下防止策を施す


ということが書かれていた。


原発の問題でもそうだけど、
機械化、電子化が進んだ現代において、
「電源喪失」というのは、
非常に深刻な問題なのだな。

posted by もり at 17:44| Comment(2) | 遠隔医療 セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

確かに科学進歩のおかけです。
ハイテクのおかけで、人類の医療水準がますます高めました。
人間が長く生きていることができるようになりました。
Posted by 医療アーカイブ at 2011年10月13日 13:06
確かにそうですね〜
電子カルテは手書きカルテより便利だし、含めっている情報も多いし。
患者と病院、両方ともにとっていいものですね〜
確かに科学進歩のおかけです。
Posted by 医療デ―タベ―ス at 2011年10月13日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。