2012年01月23日

電子カルテ導入までの記録 操作訓練が始まった

病院に電子カルテが導入されるまでの記録を、
書くつもりだったけど、
さっぱり書いていなかった。

書いていないだけで、
定期的に会議には出席していたのだけど、
院内全体での話し合いというのは、
雲をつかむような話ばかりで、
書きたいと思うことがあまり無かった。



しかし、本日よりいよいよ、
電子カルテの操作訓練が始まり、
あわただしくなってきた。

今日も休日出勤で、
操作訓練に参加。

操作訓練を始めてみると、
看護部として何をしたらいいのかが、
より明確になってくる気がする。

なので、
リーダー層だけでも、
できるだけ早いうちに操作訓練を受けておいたほうが、
よかったのだろうと思う。

今となっては、
時既に遅しだけど。



今後看護部として行うべきことは、まず、
検査、薬の処方、そのほか医師指示に関して、電子カルテ上でどのように指示受けや実施をするのかという運用を考えること、
患者基本情報の入力、看護記録の記載、看護計画の立案修正、患者サマリー等の記録、などについて、実際にいつ誰がどのように行うかを決めること、
などがあると思う。

要するに、
具体的な運用について話し合う必要がある。

操作訓練がある程度進んだ段階からは、
病棟での運用についての話し合いが進みそうだなと思う。



それからほかには、
看護計画について、
病院の現状に即した計画を作成して入力している段階。

これも私の仕事だけど、
現在半分くらい入力したところ。

間に合うかな?



posted by もり at 20:25| Comment(0) | 電子カルテ導入までの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。