2012年02月27日

iPadやiPhoneで問診するアプリ

株式会社アイ・エム・ジェイ(JASDAQ 4305)のグループ会社である、株式会社ボトルキューブ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長 川口達也)は、2012年2月24日よりApp Storeにて配信を開始する、医療現場向けiPad / iPhone 用アプリケーション「VasQ Clinical(バスキュー クリニカル)」(配信:三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生)の開発を行いました。
ということ。

ボトルキューブ、医療現場向けiPad /iPhoneアプリ「VasQ Clinical」を開発|プレスリリース配信代行『ドリームニュース』

ボトルキューブ、医療現場向けiPad /iPhoneアプリ「VasQ Clinical」を開発 : ニュースリリース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


アプリケーションの説明の部分を抜粋。

VAS (視覚的アナログ尺度 visual analog scale)とは、痛みなど症状の程度を、患者ご自身にアナログ尺度を利用し示してもらうことで評価する手法です。「VasQ Clinical」は、タッチパネル上のVASアンケートに患者ご自身が回答するというコンセプトに基づき、医療現場での利用を想定して開発されました。予め診療に即したVAS仕様の質問票(以下、質問セット)を質問票タブに入力しておくことで、患者にデバイスを預けて利用できます。

アプリの実物を見たほうが、
理解は早くできるかもしれません。

iTunes App Store 「VasQ Clinical」

医療現場でのiPadの使用は、
増えていくのだろうなと思います。
posted by もり at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: