2012年06月28日

「かごしま救急医療遠隔画像診断センター」がオープン

離島などの医療機関から送られたCT(コンピューター断層撮影法)画像などで、遠隔診断を行う鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の「かごしま救急医療遠隔画像診断センター」の開所式が26日、鹿児島市中央町で行われた。国内外の放射線専門医が24時間体制で画像診断にあたる。

CT画像などで遠隔診断…鹿児島にセンター開所 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

離島にある診療所などにまで、
CTを撮影できる装置があるのは、
日本くらいなんだろうなと思う。

高度な医療機器が広く普及しているので、
診断の部分を遠隔で行うことは、
実行しやすいことなのだろう。



posted by もり at 05:06| Comment(0) | 遠隔医療 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。