2012年07月15日

指先の触感まで再現可能なバーチャル体験ロボ

ロボットの指が触れた布地の感覚まで、遠くにいる人間が疑似体験できる遠隔操作ロボットを、科学技術振興機構(JST)と慶応大の研究チームが開発し、11日、横浜市内でデモンストレーションを行った。視覚や聴覚だけでなく、指先の細やかな感覚まで再現できるため、遠隔医療や災害救助への応用のほか、家にいながらにして商品を手に取って比べられるバーチャルショッピングなども期待される。
ということ。

指先の触感まで再現可能=バーチャル体験ロボ開発―遠隔医療に応用期待・慶大など(時事通信社) - エキサイトニュース

感覚は人間の敏感さで、動きはロボットの精密さ、
ということになれば、
遠隔だけの使用にとどまらないだろうと思う。

感覚を増強して伝えることができたら、
人間の能力を強化するということにもなり、
より正確な手術や医療処置が出来るようになるだろう。



posted by もり at 08:00| Comment(0) | 遠隔医療 装置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: