2012年09月30日

MIC(Medical Information Card)カードを用いた病診連携システム構築の取り組み

習志野台整形外科内科(千葉県習志野市)ではこの秋から、希望する患者に診療情報データを提供することを通じて、新しい病診連携システムを構築する計画だ。患者を巻き込んだ病診連携を可能にするITのあり方とは、どんなものなのだろうか。
ということ。

ITが変えるクリニックの風景(下) - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

具体的には、
MIC(Medical Information Card)カードという情報記憶装置に患者さんの情報を書き込んで、
患者さん自身にそれを管理してもらうというもの。

MIC(Medical Information Card)カードとは、
記事によると、
MICカード自体は、パソコンにつなげる一般的な記憶装置(USBメモリ)です。これを医療機関のパソコンに接続すると、電子カルテやレセコンから患者の医療情報を自動で抽出します。パソコンには事前に、専用の無料ソフトウエアをダウンロードする必要がありますが、電子カルテの規格は、SS―MIX(厚生労働省電子的診療情報交換推進事業)に対応したものであれば、どのメーカーでも大丈夫です。
ということ。

こういうのが当たり前になるといいなと思う。

posted by もり at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: