2012年11月26日

アメリカ 遠隔医療普及に向けた取組みの最新動向

世界では遠隔医療の需要が高まっており、BCC Researchの調査によると2016年までに世界の遠隔医療の市場は270 億ドルを超えることが予想されている。米国でも医療支出の増加や、農村地域における医療アクセス問題の解決策として同システムが注目され、政府は補助金を投入するなどして遠隔医療普及に注力している。本稿では連邦及び地方政府による遠隔医療システム導入の事例を含む、米国における遠隔医療普及に向けた取組み動向を紹介する。
という記事。

遠隔医療普及に向けた取組みの最新動向 - DIGITAL GOVERNMENT

アメリカの事例。

アメリカでは、保険制度の問題が、
遠隔医療の拡大にとってネックになっているようだ。

そして、国土の広さもあり、
高速通信回線の普及も日本より遅れている。

この点、日本では、
国民皆保険の制度もあり、
光ファイバー普及率では世界最先端にある。

そのメリットを生かそう、
というような内容。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | 遠隔医療 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。