2012年12月21日

医療クラウドの有用性とリスクを知る

このほど東京都内で開催された「第9回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2012」(主催=デジタル・フォレンジック研究会)では、クラウドサービスにおけるリスクなどをテーマにしたシンポジウムが行われ、ITや法律などの専門家が議論を行った。この中で、医療分野でクラウドを活用する上での課題などが示された。
という記事。

医療クラウドの有用性とリスクを知る - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

記事より一部抜粋。

その後のディスカッションでは、中安氏はデータが流出したり、消えたりしたらどうするのかも、考えておく必要があると指摘。セキュリティについて考えると、残留リスク(リスク対策をしてもなお残るリスク)が必ずあるとした。
 その上で、中安氏は「(クラウドは)本来はこの程度のものだと分かって使うと、非常に有用なもので、情報化が進むということはいいことだと思う」と述べ、医療の分野において「残留リスクがあるために、『責任を取らされそうだからやめようかな』という委縮が働いてしまうことを恐れる」とした。


情報を電子化すると、
一度にたくさん漏洩するリスクや、
一度にたくさん失ってしまうリスクが高まる。

病院に保管された紙のカルテの情報が一度に消えてしまうのは、
巨大地震後の火災とか、
そういう場合ぐらいだろう。

電子情報のそのようなリスクは、
メリットと表裏一体で、
完全にはなくせない。

デメリットが完全になくならないといことで、
メリットも捨てることはないということだな。


posted by もり at 17:00| Comment(0) | 医療クラウド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: