2013年03月27日

コンダクト、訪問看護を効率化 タブレットを活用

介護・福祉事業者用のシステム開発を手掛けるコンダクト(金沢市)は4月から、タブレット(多機能携帯端末)を使って訪問看護の情報を管理、共有できる新サービスの提供を始める。クラウドを活用し、出先でも患者に関する情報を簡単に入力したり、確認したりできるようにする。関係する看護師や医師の間の引き継ぎ、連絡などの業務効率を改善できるのが特徴。2年間でまず100事業所への導入を目指す。
ということ。

コンダクト、訪問看護を効率化 タブレットを活用  :日本経済新聞

便利そうだなとおもう。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: