2010年07月17日

中国大使館参事官 旭川大学の遠隔医療センターを視察

中国大使館参事官 旭川大学の遠隔医療センターを視察
というニュース。

http://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=show_each_topic&type=9&topic_cd=450

新幹線みたいに、
技術を盗まれておしまい、
ということにならないといいなと思う。



遠隔医療 書籍

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 16:10| Comment(2) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ICT活用で1,5兆円の便益

総務省は7月6日、2010年版情報通信白書を発表した。それによると、国民目線に立った「医療・健康」分野の情報通信技術(ICT)サービスの実現により、年間1兆4902億円の消費者便益が創出され、サービスを提供する行政でも年間1兆8839億円のコスト削減が可能としている。
ということ。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/28419.html

具体的には、

「健康状態に合わせた最適健康管理サービス」では、生活習慣病患者の減少による医療費の削減分を経済価値と見なし、サービス効果が「中位(効果25%)」の場合は、利用者に5777億円、提供者に1兆3479億円の経済価値が生じる。
「病状に合わせた最適医療サービス」では、重複受診の減少による医療費の削減分を経済価値とし、中位推計でそれぞれ2443億円、5360億円を生み出せる。
「診察の事前予約サービス」は、利用者の待合時間の減少量に対して、平均的な労働生産性(時給換算)を乗じて経済価値を算出。利用者の便益の経済価値は、中位推計で6682億円としている。


ということ。

posted by もり at 15:58| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ICTの利活用促進(遠隔医療、特定健診保健指導)」に対する医師会の見解

「規制・制度改革に関する分科会第一次報告書」
「ICTの利活用促進(遠隔医療、特定健診保健指導)」に対する見解

http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20100616_22.pdf


慎重にすすめてくれれば・・・、
という感じの意見。
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:46| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

遠隔医療の要件緩和へ

遠隔医療の要件緩和へ、
という記事。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E0E0E2E3938DE0E0E2E7E0E2E3E29797EAE2E2E2

遠隔医療に関するニュース記事が、
増えてきているような気がする。



遠隔医療 医療情報技術関連書籍
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:46| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

旭川医大 遠隔医療システムでの診察

医療過疎地の病院を専用回線でつなぐ「遠隔医療システム」を使った診察が28日、留萌市と50キロ離れた留萌管内羽幌町の病院を結んで行われた。遠隔医療に先進的に取り組む旭川医大がサポートし、順調に進んだ。

患者は心筋梗塞(こうそく)が回復し、月に1度道立羽幌病院で診察を受ける町内の自営業西田博美さん(61)。回線を通じ、3月まで主治医だった留萌市立病院循環器科の高橋文彦医師が診察した。

ということ。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/life/228742_all.html

遠くまで診察に行く必要がなくなることは、
患者さんにとってはありがたいことだと思います。

北海道は、
冬場は雪で交通の便がさらに悪くなるでしょうし。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 11:01| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこでもMY病院

政府の「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部」(IT戦略本部)は5月11日、第53回会合を開催した。IT(情報技術)を活用することで、2013年までに個人認証のための「国民ID制度」や医療・健康情報を管理できる「どこでもMY病院」のサービスを導入し、20年にはすべての国民が地域を問わずに質の高い医療サービスや在宅医療・介護を受けられるIT基盤を確立することなどを決めた。
ということ。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/27553.html


どこでもMY病院、
という仕組みがよくわからないけど。


ネット上に自分の医療情報を保管できて、
必要なときにどこからでも参照できるようになる、
という感覚だろうか。
ラベル:遠隔医療 医療IT
posted by もり at 10:50| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総務省の「ICT(情報通信技術)タスクフォース」地球的課題検討部会を開催

情報通信政策を検討する総務省の「ICT(情報通信技術)タスクフォース」は11日、 今後の利活用のあり方などを議論する地球的課題検討部会を開いた。
ということ。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E3E3E2E09F8DE3E3E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2


遠隔医療等推進ワーキンググループ報告資料

http://www.soumu.go.jp/main_content/000065259.pdf
posted by もり at 10:30| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

枝野幸男行政刷新大臣 遠野市を視察

枝野幸男行政刷新担当相は18日、遠野市を訪れ、情報通信技術を使って遠隔地の医師が健診する市助産院「ねっと・ゆりかご」などを視察。「医師不足の中、大変参考になるケースだ。恒常的に機能するために財政的な措置と遠隔医療のあり方を整理したい」と普及に取り組む考えを示した

http://mediajam.info/topic/1267365?rss=true
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:24| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

兼松エレクトロニクス 医療機関向け遠隔読影支援サービス

兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)は、株式会社ジェイマックシステム(J-MAC)とイーサイトヘルスケア株式会社の協力のもと、医療機関向けの遠隔読影支援サービスの提供を、開始した。

http://www.keyman.or.jp/3w/prd/22/20029422/
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 15:11| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

行刷相が遠隔医療の現場を視察 「医師法改正も視野」

枝野幸男行政刷新相は18日、岩手県遠野市の情報技術(IT)を活用した遠隔医療の現場を視察した。
視察終了後、記者団に「法律を変えることを含めて、必要でかつ可能なことは前に進めていく」と語ったそうだ。


http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E2848DE3EAE2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

気づくのが遅い感じがするけど、
気づいてもらえただけ進歩かもしれない。
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:37| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

「遠野型健康増進ネットワーク事業」の報告

3月27日、土曜日、遠野型遠隔医療ネットワーク協議会が開かれ、総務省の遠隔医療モデルプロジェクト、地域ICT「遠野型健康増進ネットワーク事業」の報告が行われました。
ということ。

http://www.tonotv.com/html/catv/daily/2010/03/30/5.html

テレビ電話を利用したプロジェクト。

テレビ電話は、
パソコンよりも扱いやすいという点が、
有利なのだろうと思う。
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:43| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

原口一博総務相、岩手県遠野市の遠隔医療現場を視察

原口一博総務相は13日、医師不足に直面している岩手県遠野市を訪れ、情報技術(IT)を生かした遠隔医療の現場を視察した。視察後の記者会見で「非常に頼もしい試み。全国に広げていきたい」と述べ、普及に向けた支援に意欲を示した。
ということ。

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021301000433.html
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 08:02| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

欧州連合で高速通信網の整備

欧州連合(EU)の加盟27カ国は、2013年までに域内の全世帯が高速通信を利用できるようにする新たな目標を設けることで合意した。10年1月に執行機関である欧州委員会がまとめる20年までの新成長戦略に盛り込む見通し。人口5億人の巨大市場を通じ、EU経済の競争力強化につなげる。
ということ。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091231AT2M2801S30122009.html
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:33| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

渡辺周総務副大臣が旭川医科大学病院遠隔医療センターを視察

渡辺周総務副大臣が旭川医科大学病院遠隔医療センターを視察

http://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=show_topic&topic_cd=381
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 09:17| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

米シスコ 家庭向け「テレプレゼンス」サービスを提供

米シスコは、2010年1月7日(米国時間)に開幕する「2010 International CES」に合わせた報道関係者向け発表会で、家庭向けにも「テレプレゼンス」サービスを提供する方針を明らかにした。テレプレゼンスは、ブロードバンド回線とHDTVにより臨場感を高めたビデオ・コミュニケーション・システム。2010年前半には米ベライゾンと、同後半には仏フランス・テレコムと共同で実証実験に取り組む。発表会では、遠隔医療診断や学生向けの学習支援(遠隔家庭教師)などを実演した(写真1)。
ということ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100107/342978/

パソコンより操作が簡単そうなテレビは、
今後、通信機器になっていくのかもしれない。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:38| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

総務省副大臣、旭川医科大学の遠隔医療センターを視察

総務省の渡辺周副大臣は24日、北海道旭川市の旭川医科大学(吉田晃敏学長)の遠隔医療センターを視察した。
ということ。

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091228-OYO8T00552.htm
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:44| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

東京都の、地域イントラネット基盤施設整備事業

東京都は、「地域イントラネット基盤施設整備事業」により、八丈島から小笠原村父島および母島まで海底光ファイバーケーブルで接続し、公共施設間を超高速ネットワ−ク化する。これにより、遠隔医療や電子申請システム等の行政サ−ビスを提供するのが狙い。同時に、海底光ファイバ−ケ−ブルを小笠原村内にある既設の村営FTTH網へ接続し、それを電気通信事業者等に貸与する。これにより、村民へ超高速インタ−ネットサ−ビスおよび地上デジタル放送の提供が可能となる見込み。
ということ。

http://www.rbbtoday.com/news/20091228/64719.html


我が家は、
かなりの山奥にあり、
ネットはADSL。

これが完成したら、
回線速度は父島母島にまけると思う。


それにしても、
ネットショッピングなどをする場合、
父島母島まで荷物届けてもらえるのだろうか。



ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:58| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

長崎医療センター 電子カルテシステムを刷新

長崎医療センター(長崎県大村市、643床)は、同院の電子カルテシステムを富士通の電子カルテシステム製品「HOPE/EGMAIN-GX」に刷新した。2009年9月に本稼働しており、安定稼働を確認して富士通が2009年11月30日に発表した。カスタマイズを極力抑えることで、既存のシステムに比べ画面の展開速度を10倍程度速めた。
ということ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091130/341305/

以前病院で電子カルテを使用していたときには、
画面の展開速度の遅さにずいぶんイライラさせられた。

クリックしてから数秒の待ち時間んでも、
いろんなページを開いてみる必要画あるときにはすぐに何分かが経過してしまう。

そんな悩みが解消されたら、
現場ではとてもうれしいことだと思う。




ラベル:電子カルテ
posted by もり at 07:11| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

遠隔医療学会開催

10月10日(土),11日(日)の2日間,くまもと県民交流館で,「平成21年度日本遠隔医療学会学術大会(JTTA in KUMAMOTO)」が開催された
ということ。

http://www.innervision.co.jp/05report/2009/05r_09_11_08.html

サイトには、学会の様子が少し書かれているけど、
もう少し詳しく内容を知りたいなと思った。



ラベル:遠隔医療
posted by もり at 07:32| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

モバイル遠隔医療サービス市場 5年以内にUS$36億

Cellular-Newsは2009年10月07日に、Pike & Fischer projectsからのレポートを紹介し、米国での遠隔医療デバイスとサービス市場ビジネスがモバイル・サービスに取ってかなり大きい塊になり、5年以内に歳入でUS$36億を生成すると予測したと報告した。
とういこと。

http://jiten4u.iza.ne.jp/blog/entry/1260653/


何時も身体に密着させているモバイル器機を利用したモバイル遠隔医療市場が、将来巨大市場になることは多くが予測してきたことだが、何時から本格化するかというと、これまで明確に答えてこなかった
ということだけど、
それが5年以内であると予測されたと。

予測がどの程度あたるのかということと、
どのようなサービスが生まれてくるか、
楽しみだと思う。


医療の必要性の高い高齢者が、
簡単に使いこなせるようなサービスは難しそうだけど、
医療職者にとって便利なサービスは、
早めに普及しそうな気がする。

例えば、
携帯から自分の病院の電子カルテにアクセスして、
患者情報が取り出せたりしたら、
忙しい医師には便利だろうと思う。

それから、
血圧などの測定器具が携帯と連動して、
測定データが自動的にメール送信されて記録されるようになったら、
訪問看護などで役立ちそうだと思う。






ラベル:遠隔医療
posted by もり at 21:08| Comment(0) | 遠隔医療 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。