2013年01月22日

医療機関向けクラウド型グループウェアを発表、ニチイ学館と日本MS

医療機関内の情報共有や施設間の連携強化を支援するグループウェアを、関東の医療機関に向けて12月25日に販売を開始する。先着5医療機関に限り、2013年3月末まで無料で利用できるキャンペーンを実施。
ということ。

医療機関向けクラウド型グループウェアを発表、ニチイ学館と日本MS − TechTargetジャパン 医療IT

現在私が務める病院で使われている電子カルテのシステムは、
グループウェア的な機能が弱いなと思っているので、
こういうソフトでなんとかできないものだろうかと。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

遠隔医療、新興国で支援 富士通、ラオスに新システム

富士通は、新興国で遠隔医療を支援するITサービスを本格化させる。ラオスで12月中旬、首都と地方の複数病院をネットで結んだ新たな医療システムの運用を開始。診断データの共有やウェブ会議の導入により、都市と地方の医師の技術格差を解消する。
ということ。

朝日新聞デジタル:遠隔医療、新興国で支援 富士通、ラオスに新システム - 経済

新しい医療システムなどは、
制度的な問題のために、
日本よりも新興国の方が導入しやすいのかもしれない。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

NTT コンティニュア(Continua)・ヘルス・アライアンスに対応した遠隔医療相談システム

日々の健康管理ができるとともに、テレビ電話による遠隔での健康相談ができるシステム
業界標準のContinuaに対応し、簡単にデータ登録・閲覧が可能

というNTTの取り組みを紹介した資料。

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/innovation/ict/6kai/siryo2-4.pdf

今後どのように展開されるのかが、
気になるところ。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

インテルが提案する「PC+ヘルスケア」の利用シーン

インテルは11月9日、東京・JR品川駅構内にPCを利用した健康管理の利活用シーンを提案するイベントスペース「パソコンで“健考”相談室」を設置。2011年11月9日〜11日の期間、無料一般公開する。
ということ。

11月22日は「いい夫婦の日」だそうです:家族のPC、こういう使い方も──インテルが提案する「PC+ヘルスケア」の利用シーン - ITmedia +D PC USER

イベントでは、

エー・アンド・ディ製Bluetoothパーソナル血圧計「UA-851PBT-C」、アライヴ製コンティニュア対応Bluetoothアダプタ「Blue-1000」、ブイキューブのビデオ会議ソリューション「V-CUBE」、Webサービス「gooからだログ」などの機器、サービスを用い、血圧測定→データ受信・集計→ログデータ記録・管理→健康アドバイザーによる遠隔相談を受ける──まで、ICTの活用でこれまでより便利に容易になる「PCヘルスケア」の利活用シーンを体験できる。

ということだけど、
最終的に、
健康アドバイザーによる遠隔相談
というところに行き着くのが、
現在の限界なのかもなと思った。

今でも病院では、
血圧手帳に毎日血圧はかって記録してもらい、
それを外来受診の時にみせてもらう、
ということは行われているだろう。

そういうことを、
パソコンを利用して遠隔でやれるとして、
手軽になる、
(「測った数値を手帳に書く」以上に手軽なのかどうかは、記事からは良く分からないけど。)
という以上のメリットがないと、
そこまでする意味があるのか?
ということになりそうな気もする。

posted by もり at 07:43| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

NTT 遠隔健康相談サービス「ひかり健康相談」

NTT東日本は、2011年7月13〜15日に東京ビッグサイトで開催中の「国際モダンホスピタルショウ2011」において、クラウド・コンピューティングを利用した遠隔健康相談サービス「ひかり健康相談」を発表した。
ということ。

【ホスピタルショウ】クラウド型で低コストの遠隔健康相談サービス、NTT東日本などが提供開始へ - デジタルヘルス - Tech-On!


事業の内容は、

インターネット接続サービス「フレッツ 光ネクスト」、電話サービス「ひかり電話」、電話端末「フレッツフォン」に加え、NTTアイティが提供するクラウド・サービスを活用したシステムである。具体的には、血圧計や歩数計などで測定したデータを、フレッツフォンを介して管理側のサーバーに自動で登録し、グラフ化された健康情報を基に、テレビ電話による遠隔からの健康アドバイスや特定保健指導を実施する。

というもので、
従来はサーバーを設置して数千万円かけて行っていたものが、

導入の初期費用としては、100人規模のシステム(集会所を5箇所利用するモデル)で、約255万円。維持費が年間100万円強

ということだ。

コストの問題は重要だなと思った。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:31| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

富士通 SaaS(サース)型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売開始

富士通(東京都港区)は11日、SaaS(サース)型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売を開始したと発表した。同サービスを利用することにより、複数の医療機関の患者診療情報を安全に連携させ、地域医療サービスを拡充することが可能になるという。

SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を富士通が発売 | 医療人材ニュース

記事より抜粋。

SaaS(Software as a Service)は、利用者がパッケージとしてのソフトウェアを購入することなく、サービス提供者のサーバーにおかれたソフトウェアを、ネットワークを通じて必要に応じ、必要なだけ利用するクラウドコンピューティングの一形態。このスタイルをとる同サービスは、中核病院・診療所、そして介護施設など、地域の複数の医療機関がそれぞれ保持する診療情報・検査結果・医用画像などの患者情報を、データセンターを中継して、ネットワーク経由でどこからでも確認できるようにする。新しいICTシステムを構築する必要もなく、地域全体で患者の情報を共有できる。

こういう形が、
増えていくのだろうと思う。

posted by もり at 13:10| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

スマートパッドを使用した遠隔医療情報システム 富士ソフト株式会社/ ソフトバンクテレコム株式会社

スマートパッドを使用した遠隔医療情報システム 
富士ソフト株式会社/ ソフトバンクテレコム株式会社

http://www.medi-plaza.com/product/detail?id=353
posted by もり at 06:49| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

遠隔画像診断 遠隔読影 株式会社 ワイズ・リーデング

株式会社 ワイズ・リーディングの紹介

http://www.jfc.go.jp/k/pfcj/pdf/jirei17_12.pdf


ワイズ・リーディング会社ホームページ

http://www.ysreading.co.jp/
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 15:00| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ノーリツ 遠隔画像診断支援サービス

ノーリツ 遠隔画像診断支援サービス

http://www.noritsu.co.jp/business/medical/
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 07:27| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

ドクターネット 遠隔医療画像診断システム

ドクターネット
栃木県宇都宮市にある会社。
読影、遠隔画像診断、遠隔読影サービス、画像ファイリングシステムなどのITソリューションサービスを提供している。

http://www.doctor-net.co.jp/


ドクターネットの取り組みに関係した記事。

http://doctor-net.co.jp/pdf/ida.pdf

遠隔画像診断の有効性について書かれています。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:54| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

株式会社ケイ・オプティコム SaaSクラウド基盤サービス「医療クラウド」の展開を開始

株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、平成23年2月1日(火)からクラウド事業の第1弾として、医療に特化したクラウド基盤をシステム事業者様向けに提供する、SaaSクラウド基盤サービス「医療クラウド」の展開を開始いたします。
ということ。

http://www.k-opti.com/press/2011/press01.html
ラベル:医療IT 医療情報
posted by もり at 06:22| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

米Dell 医療データアーカイブ用クラウドアプリケーションを開発する米InSite Oneを買収

米Dellは12月22日(現地時間)、医療データアーカイブ用クラウドアプリケーションを開発する米InSite Oneを買収すると発表した。医師が医療画像を容易に共有できるようにするとともに、オンライン上で共同作業することで迅速に診断が行えるようにするのが狙いだという。
ということ。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1012/24/news049.html

アメリカではこのような流れが加速しているのだな。
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:12| Comment(2) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

熊本市 遠隔読影サービス ワイズ・リーディング

熊本市のベンチャー企業ワイズ・リーディングは、大学、ほかの企業と連携した新しいシステムで、地域密着型のサービスを目指している。
という記事。

http://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2010/12/articles/1012-05/1012-05_article.html

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:30| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

インフォコム 医療機関向け情報管理システム

インフォコム「Medi-UNITE」
医療文書の作成から参照・管理までを一括して支援するシステム。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=266622&lindID=1
ラベル:医療情報 医療IT
posted by もり at 06:32| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI 医用画像閲覧システム「SmartMIMAS」 auスマートフォンに対応

これまで病院外からau携帯電話端末を使った医用画像閲覧システム=MobileMIMASを販売してきましたが、このシステムがauスマートフォンに対応し、同時に大幅な機能アップをしました。 これにより、ご要望が多かった大画面での閲覧を実現しました。さらにスマートフォンが持つタッチパネルによるスムース操作とより高速な医用画像閲覧で一層使いやすいものになりました。
ということ。

http://kddi-medicare.jp/smartmimas/

アイフォンに近づけているのかな。

ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:12| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

米InTouch Health社の遠隔操作ロボット

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所 環境知能研究室の宮下敬宏室長は、8日開催の「ユビキタスネットワークロボット・ビジネスセミナー」(主催:ATR)で、遠隔操作ロボットの活用例として米InTouch Health社の遠隔医療ビジネスを紹介。ネットワーク経由でのヘルスケア用途で、同社のロボットがすでに全米で約350の医療機関に導入され、2,000人以上の医師が利用していることを明らかにした。
ということ。

http://robonable.typepad.jp/news/2010/11/15intouch.html

技術的に日本が劣っているということはないだろうから、
アメリカでは認可とかが簡単なのだろうと思う。

こういうロボットが、
いずれ現場にお目見えするのかな。



ラベル:遠隔医療
posted by もり at 06:07| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

兼松エレクトロニクス(KEL)、医療機関向け遠隔読影支援サービス

兼松エレクトロニクス(KEL)、医療機関向け遠隔読影支援サービス

http://www.kel.co.jp/pr/pdf/release100416.pdf
posted by もり at 10:38| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

Life Size (ライフサイズ)高解像ビデオを使った遠隔医療

Life Size (ライフサイズ) 高解像ビデオを使った遠隔医療

http://www.lifesize.jp/Industry_Solutions/Healthcare_Solutions/Telemedicine_in_HD.aspx


Life Size (ライフサイズ)概要

Logitechの1部門であるLifeSizeは、ビデオを活用することで出張を減らし、効率性を高めることができると考えています。弊社は、生産性が高く、リアルな通信体験を実現にする高解像度ビデオ通信製品を設計/販売しています。




看護師向け書籍

医療情報関連書籍
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 05:23| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

NTTドコモ 医療従事者向けのモバイルサービスやアプリケーションの提供で、IMSジャパンと提携

NTTドコモは2010年11月2日、医療従事者向けのモバイルサービスやアプリケーションの提供で、IMSジャパンと業務提携したと発表した。両社では、スマートフォンやタブレット型端末を使って、医療従事者の業務に役立つアプリケーションを提供し、モバイルICTを通じて医療の質の向上を目指す。
ということ。

http://wirelesswire.jp/Todays_Next/201011041010.html


http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/11/02_00.html

iPadやiPhoneにどれだけ迫れるか。

医師はiPadやiPhoneをすでに使いこなしている人がある程度いるだろうから、
医師以外の利用についても視野にいれたら、
良いのではないかと思う。



看護師向け書籍

医療情報関連書籍



ラベル:医療情報 医療IT
posted by もり at 06:02| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

NECの“C&Cクラウド戦略” がん画像診断システム

NECの“C&Cクラウド戦略”における取り組みのひとつである、
「がん画像診断システム」をSaaS形式で提供する実験。

このページの中ほどにある。

http://www.nec.co.jp/effort/topmessage/2010_0714/index.html

抜粋

NECは、米国のマサチューセッツ総合病院と新たな医療サービスの実証実験を行いました。「がん画像診断システム」をSaaS形式で提供する実験です。この実験では、ネットワーク経由で、NECのデータセンターにある画像解析サーバを遠隔利用します。病理医による診断の必要とされるがん診断において、高度な画像認識技術を活用することにより、診断の品質向上と迅速化を実現しました。
ラベル:遠隔医療
posted by もり at 11:07| Comment(0) | 遠隔医療 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする